【トップウGP①巻発売記念】“バイク大好き芸人”チュートリアル福田さんと原作者・藤島康介氏の特別対談を公開!

2016/12/24 00:00

アフタヌーン本誌情報] [インタビュー・対談

本日12月24日(土)に発売の「アフタヌーン」2月号に掲載された【藤島康介氏×チュートリアル福田さん トップウGP特別対談】を、「モアイ」でもお届け!

「アフタヌーン」2月号は本日発売! 30周年記念号の表紙を飾るのは『トップウGP』!

「アフタヌーン」2月号は本日発売! 30周年記念号の表紙を飾るのは『トップウGP』!

『トップウGP』第①巻発売を記念して藤島康介氏と「バイク大好き芸人」ことチュートリアル・福田充徳氏の対談が実現!

『トップウGP』第①巻発売を記念して藤島康介氏と「バイク大好き芸人」ことチュートリアル・福田充徳氏の対談が実現!


『トップウGP』で圧巻のレースシーンを描いている藤島氏と、自らロードレースに参戦するほどの無類のバイク好きである福田氏との“バイク愛”にあふれた対談をお楽しみください!

【藤島康介×チュートリアル 福田充徳 トップウGP特別対談】


子供の頃からバイクレースに魅せられてました!(福田)

福田充徳(以下、福田)
子供のころからバイクが好きでした。当時はバイクブームで、グランプリも盛り上がってたし、鈴鹿8耐も大人気で。『バリバリ伝説』が凄く読まれてました。

藤島康介(以下、藤島)
一番良い時期でしたね。盛り上がってましたね!

福田
そうですよね! みんな峠行って、空き缶つけて走ってましたよ。『バリ伝』の影響で「バリバリマシン」という雑誌もありましたね。

藤島
私は福田さんの一世代前で、『ナナハンライダー』や『熱風の虎』を読んでました。

福田
子供心に「バイクレースカッコイイなぁ」とずっと思ってました。自分もバイクに乗るようになってプライベートで茂木に行ったりしてたら、日テレの方から声をかけられてMotoGPの解説をやるようになって。かれこれ4・5年くらいやってます。

藤島
『トップウGP』の連載を始めるにあたり様々な取材を行っていて、Moto(モト)GP日本グランプリを見に茂木まで行きました。福田さんはその時レース解説をされてましたね。日本グランプリはいかがでしたか?

福田
面白かったですねー。でも、今回の大会でマルク・マルケスが早々にチャンピオンを決めてしまって。正直言うと、バレンティーノ・ロッシやホルヘ・ロレンソと最後までもつれて欲しかったな~という気持ちもあります。

藤島
「ロッシ転倒!」という報が聞こえてきて「まさかっ!」となりました。でも、マルケスの走りを見ていたら仕方がないかなと。一人だけ次元の違う走りをしていましたからね。最近マルケスが好きになってきました。

福田
ちなみに、藤島さんはどのレーサーが好きなんですか?

藤島
私はロッシが好きなんです。福田さんは?

福田
僕はダニ・ペドロサが好きなんですよ。世界で一番人気があるライダーがロッシで、そこにロレンソ・マルケス・ペドロサが続くんですけど、ペドロサだけチャンピオンになってない。肝心なところで転んだり怪我したりするんだけど、とにかく速い。だからペドロサを応援してるんですよね。

藤島
面白いライダーですよね。全く予想がつかない走りをする。

福田
マルケスが10連勝した時に、このまま全勝するかと思ったらペドロサが勝ってしまったり、そういうところが好き(笑)。僕は公務員の息子の次男なんで、華々しいタイプのライダーよりはこういう選手に惹かれます(笑)。

藤島
面白い選手だと、サポートする側もついつい付き合いたくなっちゃうらしいんですよね。ペドロサにもチャンピオン獲って欲しいですね。

マシンもライダーも進化してて、描くのが大変!(藤島)

福田
MotoGPの凄さって、画面を通すと伝わりづらいんですよ。300km/h以上のスピードで走ってるんですけど、その速さが伝わらない。

藤島
私もレースを撮影しましたが、確かに迫力は記録できてなかったです。

福田
みんなとんでもないスピードで走ってて、そこで勝負をしている。自分には絶対にできないことを、才能と努力と時間とお金をかけてやっていることがたまらなくカッコイイ。

藤島
自分の走りとは次元が違う。関係者の方々のご好意でMotoGP日本グランプリの本番中にレース横をスクーターで走ったのですが、猛スピードでビュッと抜かれて(笑)。明らかに止まれないスピードで突っ込んでて、私にはとても無理。超人を見てる感じ。

福田
僕は草レースしか走ってませんが、それでもみんなガツガツ来るんですよ。人となりが結構出る。引く奴は引くんですけど、そこでも前に出る奴じゃないと勝てないんですよ。

藤島
きっと、ちょっとずつ成長する自分を感じられて面白いんですよね。

福田
そうですね。ゴルフに近いのかな。タイムを縮めるために努力する楽しさなのかな。

藤島
スーパースローで走りを見ると、またライダーの凄さがわかる。「よく倒れずに曲がれるな!」とか「後輪は必要ないのか?」とか。マシンの進化に従ってライダーも一皮剥けていくから、とにかく漫画に描くのが大変。

福田
(単行本を読みながら)大変ですよね。それにしても、冒頭からトップウ君がNSF100に乗ってたり、筑波サーキット1000(ショートコース)から始まるところとか、バイク乗りには設定からしてたまらない(笑)。

藤島
一般読者にもバイク好きの読者にも楽しんでもらえるよう、さじ加減には気をつけているのですが、非常に難しい。

福田
そのさじ加減は苦労しますね。

藤島
私自身も描きながら勉強になります。グリップの握り方とかライディングフォームとか。あと、つなぎとグローブを描くのがとにかく大変で(笑)。

福田
実在のメーカー名も出てきて、本格的ですね!

藤島
はい、関係者にご協力いただき許諾を得ることができました。ありがたいです。

レーサーはキャラクターの宝庫です!(福田)

藤島
福田さんはお仕事で様々なレーサーの方とお会いすると思うのですが、実際皆さんどんな方ですか?


福田
元レーサーの坂田和人さんと一緒に解説のお仕事をすることがあるのですが、とにかく変わった人で、常に最短距離を歩きたがるんですよ(笑)。廊下からエレベーターの一番近い距離にこだわったり(笑)。。

藤島
レーサーという人間なんですね。面白い!

福田
レーサーは変わってる人が多いですよ。以前、ロッシに「どうやったら速く走れますか?」って聞いたら、「極力ブレーキに触れずにアクセルを開けること」と言われて(笑)。分かってるけどできませんって!

藤島
(笑)

福田
で、マルケスからも似たようなこと言われて、最後にペドロサにも聞いたら「君は本業がレーサーじゃないからやめた方がいいよ」って真面目なアドバイスを言われました(笑)。

藤島
オチがいいですね~(笑)。みんな個性が強いなぁ。

福田
速くなるためのアドバイスを求めてもみんなバラバラ。

藤島
でも、仮にアドバイスを忠実に守っても、それを感覚でちゃんと理解しないと速くはならないですよね。正解がない、勝った奴が正義。だから色々なキャラクターが作れるんですよね。それが面白い!

福田
レーサーはキャラクターの宝庫ですね!

バイクの面白さとは何か、最近ずっと考えてます(藤島)

藤島
最近マンガを描きながら悩んでるんですが、バイクの根源的な面白さを考えれば考えるほど、分からなくなってくるんですよ。「何が楽しいの?」と言われると、なかなか答えられない。

福田
自分としては、生きてて一番思い通りになる瞬間がバイク乗ってる時のように思うんですよ。最も自由を感じられるというか。

藤島
強いて言うなら、世界と隔たりなく自由に移動できてる感じ、というか。服しか着てない状態で前に進んでる状態というか。

福田
単純に見た目が好きっていうこともある。あと、マイナスなことが多いってのも関係するのかな。雨降ったら濡れるし、冬は寒いし。

藤島
きっと、マイナスなことを凌駕する楽しさがあるから乗るんでしょうね。これほど言葉にできないことはない。

福田
それを漫画にするのだから、大変ですね。

藤島
はい。それに、最初に「18歳でチャンピオンになる」と大風呂敷を広げてしまいましたし(笑)。

福田
そうですよね! デビューイヤーでチャンピオンになったのはマルケスだけですし、しかも当時マルケスは20歳ですからね。最年少チャンピオンを目指すまでの道のり、非常に楽しみです!

藤島
ありがたいです!

福田
これからどんなライバルが出て来るのか。

藤島
いっぱい出します!

福田
トップウ君はどうやってMotoGPクラスまで上がって来るのか。

藤島
考えてる最中です(笑)。

福田
若いライダーも、自分とトップウ君を重ね合わせて読むと思うんですよね。もっと下の子はトップウ君に憧れるだろうし。将来的に「トップウカップ」みたいなミニカップが出来たら良いですよね!

藤島
「トップウカップ」いいですね~! バイクでレースしたいという子供達が増えてくれると良いなぁ。これからも頑張ります!

『トップウGP』①巻、絶賛発売中!

『トップウGP』①巻、絶賛発売中!




アフタヌーン&good!アフタヌーンの最新情報は
TwitterやLINEでもお届け中!
友だち追加数


  • トップウGP (1)

    アフタヌーン

    トップウGP (1)

    藤島康介

    発売日:2016/11/22
    定価:本体600円(税別)

アフタヌーン

アフタヌーン

アフタヌーン2019年7月号
2019年05月25日発売
定価:本体648円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

good!アフタヌーン

good!アフタヌーン

good!アフタヌーン2019年6号
2019年05月07日発売
定価:本体648円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

アクセスランキング

  • 第1位

    アフタヌーン

    ダーウィン事変

    うめざわしゅん

    Webで読む

  • 第2位

    good!アフタヌーン

    U12

    闇川コウ

    Webで読む

  • 第3位

    good!アフタヌーン

    口移しの魔女たち

    ヨシカゲ

    Webで読む

  • 第4位

    アフタヌーン

    謎の彼女X

    植芝理一

    Webで読む

  • 第5位

    アフタヌーン

    フラジャイル

    原作 草水敏 漫画 恵三朗

    Webで読む

  • 『大人のそんな奴ァいねえ!!』シーズン4

アフタヌーン

アフタヌーン

アフタヌーン2019年7月号
2019年05月25日発売
定価:本体648円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

good!アフタヌーン

good!アフタヌーン

good!アフタヌーン2019年6号
2019年05月07日発売
定価:本体648円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

「アフタヌーン電子版」PC・スマホ・タブレットでいつでも読める!毎月25日配信

アクセスランキング

  • 第1位

    アフタヌーン

    ダーウィン事変

    うめざわしゅん

    Webで読む

  • 第2位

    good!アフタヌーン

    U12

    闇川コウ

    Webで読む

  • 第3位

    good!アフタヌーン

    口移しの魔女たち

    ヨシカゲ

    Webで読む

  • 第4位

    アフタヌーン

    謎の彼女X

    植芝理一

    Webで読む

  • 第5位

    アフタヌーン

    フラジャイル

    原作 草水敏 漫画 恵三朗

    Webで読む

こちらもオススメ!