ツッコミーノ・ブルボン / 富本祥太

人と話すのが大の苦手の香子(関西出身)は、卓球部の鬼豆と大箸の掛け合いには思わずツッコんでしまうのだ!
これを続ければ、いつか憧れの青山くんとフツーに話すことも夢じゃない! というわけで、日々、ツッコミに磨きをかける香子。
でもこれが喋る練習になるのか……!?

この作品をWebで読む »

もっと見る

著者プロフィール

富本祥太(とみもとしょうた)

神戸出身。2014年四季賞春のコンテストで『怪力の少女』が佳作受賞。
同年「good!アフタヌーン」46号の読み切り『ハイスペックボーイ&ガール』で
デビュー。
現在、同誌にて『ツッコミーノ・ブルボン』不定期掲載中。