零崎軋識の人間ノック / 原作 西尾維新 漫画 チョモラン

裏社会の七つの殺人集団「“殺し名”七名」の序列第三位ながら、最も忌み嫌われ、「家族」=「一賊」として鉄壁の結束を誇る殺人鬼集団。それが「零崎一賊(ぜろざきいちぞく)」だ。家族の為なら異常なまでの戦闘力を発揮し、敵対する者は皆殺し。そんな一賊を代表する一人、零崎軋識(ぜろざききししき)は、鉛の釘バット“愚神礼賛(シームレスバイアス)”を得物とし、破壊の限りを尽くす残虐な殺しで恐れられていた。ある日、彼が携わった「殺し」。それは、あくまで彼の日常の一つであったはずだが、強敵の急襲により、思わぬ事態に発展していく——!

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • 零崎軋識の人間ノック (4)

    アフタヌーン

    零崎軋識の人間ノック (4)

    原作 西尾維新 漫画 チョモラン

    発売日:2016/11/22
    定価:本体600円(税別)

  • 零崎軋識の人間ノック (3)

    アフタヌーン

    零崎軋識の人間ノック (3)

    原作 西尾維新 漫画 チョモラン

    発売日:2016/03/23
    定価:本体600円(税別)

  • 零崎軋識の人間ノック (2)

    アフタヌーン

    零崎軋識の人間ノック (2)

    原作 西尾維新 漫画 チョモラン

    発売日:2015/08/21
    定価:本体590円(税別)

  • 零崎軋識の人間ノック (1)

    アフタヌーン

    零崎軋識の人間ノック (1)

    原作 西尾維新 漫画 チョモラン

    発売日:2015/01/23
    定価:本体590円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

原作 西尾維新(にしおいしん)

1981年生まれ。第23回メフィスト賞受賞作『クビキリサイクル』(講談社ノベルス)で2002年デビュー。

漫画 チョモラン(ちょもらん)

漫画家・イラストレーター。1988年6月11日生まれ、埼玉県出身。
その超絶画力と大胆な作風で各方面をザワつかせる気鋭。
2014年、「月刊アフタヌーン」にて『零崎軋識の人間ノック』(原作 西尾維新)でデビュー。
まだかまだかと言われていたが、ついに月刊「モーニング・ツー」にて『あの人の胃には僕が足りない』で初のオリジナル連載を果たす。

この作品の関連ニュース »