寄生獣 / 岩明均

地球上の誰かがふと思った
『人類の数が半分になったら いくつの森が焼かれずにすむだろうか……』

地球上の誰かがふと思った
『人間の数が100分の1になったら たれ流される毒も100分の1になるだろうか……』

誰かが ふと思った
『生物(みんな)の未来を守らねば……………』

突如飛来した寄生生物たち。彼らは人間の身体に侵入し脳を乗っ取り、他の人間を食い殺し始める。高校生・泉新一の身体にも寄生生物が侵入するが、脳の乗っ取りに失敗し彼の右手に宿ってしまう。自ら「ミギー」と名乗った寄生生物は新一と奇妙な共存関係になる。そんなイレギュラーな存在となった新一とミギーは寄生生物たちとの壮絶な戦いに身を投じる!

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • ネオ寄生獣

    アフタヌーン

    ネオ寄生獣

    岩明均

    発売日:2016/07/23

  • 新装版 寄生獣 (10)

    アフタヌーン

    新装版 寄生獣 (10)

    岩明均

    発売日:2014/10/09
    定価:本体463円(税別)

  • 新装版 寄生獣 (9)

    アフタヌーン

    新装版 寄生獣 (9)

    岩明均

    発売日:2014/10/09
    定価:本体463円(税別)

  • 新装版 寄生獣 (8)

    アフタヌーン

    新装版 寄生獣 (8)

    岩明均

    発売日:2014/10/09
    定価:本体463円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

岩明均(いわあきひとし)

1960年東京都生まれ。
1985年『ゴミの海』が「モーニングオープン増刊」に掲載され、デビュー。1993年「アフタヌーン」に連載の『寄生獣』で第17回講談社漫画賞受賞。代表作に『寄生獣』『七夕の国』『ヘウレーカ』等がある。
現在は「アフタヌーン」に『ヒストリエ』を連載中。同作は第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。

この作品の関連ニュース »