キヌ六 / 野村亮馬

いつともわからない未来社会。高度に機械化された都市の飲食店で働くサイボーグ少女「六」の前に、一人の少女「キヌ」が現れた。
武装したエージェントに追われる彼女は、常人を遙かに超える身体能力と戦闘力を持っていた。キヌの正体は? そしてエージェントの目的とは?
血と硝煙が渦巻くSFアクション、ここに開幕!

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • キヌ六 (2)

    アフタヌーン

    キヌ六 (2)

    野村亮馬

    発売日:2014/07/23
    定価:本体590円(税別)

  • キヌ六 (1)

    アフタヌーン

    キヌ六 (1)

    野村亮馬

    発売日:2014/02/21
    定価:本体590円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

野村亮馬(のむらりょうま)

1978年10月26日生まれ。山梨県出身。2003年アフタヌーン四季賞にて『買い物武器』で佳作、2007年同賞にて『WORKING ROBOTA』で四季賞を受賞。2008年から2010年にかけて「アフタヌーン」誌上にて『ベントラーベントラー』を連載。同作品は2011年の星雲賞にノミネートされる等、SF作品として高い評価を得た。現在は「月刊アフタヌーン」誌上で『キヌ六』を連載中。

この作品の関連ニュース »