水域 / 漆原友紀

日照り続きの夏休み、給水制限中の街。酷暑にあてられて意識を失った中学3年の川村千波は、豊かな水にあふれる村で、少年と老人に出会う夢を見る。
夢の話を聞いた祖母・清子が、ポツリとつぶやく——「それ……ばあちゃんの昔の家じゃないかねぇ」
もう一度行きたい——そう願った千波は夢の村で目を覚まし、再会した少年・スミオから、この村では雨が降り止まないことを知らされる。
街と村とが時空を超えて雨でつながったとき、千波は知る。自分がどこから来て、どこへ流れようとしているのかを。

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • 水域 (下)

    アフタヌーン

    水域 (下)

    漆原友紀

    発売日:2011/01/21
    定価:本体648円(税別)

  • 水域 (上)

    アフタヌーン

    水域 (上)

    漆原友紀

    発売日:2011/01/21
    定価:本体648円(税別)

  • 水域 愛蔵版 (下)

    アフタヌーン

    水域 愛蔵版 (下)

    漆原友紀

    発売日:2011/01/21
    定価:本体1429円(税別)

  • 水域 愛蔵版 (上)

    アフタヌーン

    水域 愛蔵版 (上)

    漆原友紀

    発売日:2011/01/21
    定価:本体1429円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

漆原友紀(うるしばらゆき)

アフタヌーン四季賞1998年冬のコンテストにて四季大賞を受賞した短編を連作化した『蟲師』でデビュー。同作は第30回講談社漫画賞一般部門を受賞した。他に『フィラメント ~漆原友紀作品集~』『水域』がある。