ヴァムピール 特別編 KING AND BARON+ / 樹なつみ

現在連載休止中の近未来ネオ吸血鬼ストーリー『ヴァムピール』からのスピンオフ・ストーリー!
本編では肉体を持たぬヴァムピールとして暗躍する「男爵(バロン)」が、まだヒトの体に宿っていた頃の物語。舞台は19世紀末ヴィクトリア朝のロンドン、絢爛と退廃、光と闇が同衾する街……。「男爵」と奇妙な因縁で結ばれた巡査部長・マイアズ(通称キング)、真正の吸血鬼・アシュレイ卿……人外の者達が織りなす“世紀末吸血鬼譚”!

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • ヴァムピール 特別編 KING AND BARON+ (2)

    アフタヌーン

    ヴァムピール 特別編 KING AND BARON+ (2)

    樹なつみ

    発売日:2014/02/21
    定価:本体638円(税別)

  • ヴァムピール 特別編 KING AND BARON+ (1)

    アフタヌーン

    ヴァムピール 特別編 KING AND BARON+ (1)

    樹なつみ

    発売日:2013/05/23
    定価:本体686円(税別)

  • ヴァムピール (5)

    アフタヌーン

    ヴァムピール (5)

    樹なつみ

    発売日:2010/06/23
    定価:本体571円(税別)

  • ヴァムピール (4)

    アフタヌーン

    ヴァムピール (4)

    樹なつみ

    発売日:2009/11/20
    定価:本体571円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

樹なつみ(いつきなつみ)

漫画家。兵庫県生まれ。昭和54年、ララ4月号『めぐみちゃんに捧げるコメディ』でデビュー。
恋愛、サスペンス、SFアドベンチャーなど幅広いジャンルの作品を手がける。
『八雲立つ』で第21回講談社漫画賞を受賞。
代表作:『マルチェロ物語』『朱鷺色三角』シリーズ、『花咲ける青少年』『OZ』『獣王星』など多数。

この作品の関連ニュース »