はじまりのはる / 端野洋子

3.11、福島。震災前、農業科に通い未来を模索していた少年たちを描いた「ミルクボーイ」、その続編「はじまりのはる」で震災に翻弄される彼らを描き、大きな話題を呼んだ表題作。
震災の被害は比較的軽微とされる福島県南部ですら生活が一変した高校生たちそれぞれにスポットを当て、彼らが、そのとき、その後をどう生きるのか、正面から描く話題作。

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • はじまりのはる (3)

    アフタヌーン

    はじまりのはる (3)

    端野洋子

    発売日:2016/05/23
    定価:本体680円(税別)

  • はじまりのはる (2)

    アフタヌーン

    はじまりのはる (2)

    端野洋子

    発売日:2013/12/20
    定価:本体600円(税別)

  • はじまりのはる (1)

    アフタヌーン

    はじまりのはる (1)

    端野洋子

    発売日:2013/07/23
    定価:本体600円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。