タナトスの使者 / 漫画 赤名 修 原作(シーズン1・3・4) 吉田穰 原作(シーズン2) 濵田研吾

死にたいなら、ヤツを探せ。必ず逝かせてくれる。
来島明良(くるしまあきら)。この名前を覚えておくといい。
生に絶望したとき、生に飽きたとき、生が苦痛なとき、生きる意味を見出せないとき、
彼を訪ねるといい。
来島は、謎に包まれた組織「日本タナロジー学会」の、医師にして調査員。
彼が「死に値する」と認めた人間は、安らかな死を処方してもらえるのだ。

この作品をWebで読む »

単行本情報 »

  • タナトスの使者 (4)

    アフタヌーン

    タナトスの使者 (4)

    漫画 赤名 修 原作(シーズン1・3・4) 吉田穰 原作(シーズン2) 濵田研吾

    発売日:2014/11/21
    定価:本体600円(税別)

  • タナトスの使者 (3)

    アフタヌーン

    タナトスの使者 (3)

    漫画 赤名 修 原作(シーズン1・3・4) 吉田穰 原作(シーズン2) 濵田研吾

    発売日:2014/07/23
    定価:本体600円(税別)

  • タナトスの使者 (2)

    アフタヌーン

    タナトスの使者 (2)

    漫画 赤名 修 原作(シーズン1・3・4) 吉田穰 原作(シーズン2) 濵田研吾

    発売日:2014/01/23
    定価:本体600円(税別)

  • タナトスの使者 (1)

    アフタヌーン

    タナトスの使者 (1)

    漫画 赤名 修 原作(シーズン1・3・4) 吉田穰 原作(シーズン2) 濵田研吾

    発売日:2013/07/23
    定価:本体600円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

漫画 赤名 修(あかなしゅう)

その重厚かつ精緻な筆致で『タナトスの使者』『ダンダラ』『闇鍵師』など数々の作品を世に送り出す。
2014年、「イブニング」にて『勇午 Final』を開始。20年続く「勇午」シリーズの最終章を描く。

プロフィール画像

原作(シーズン1・3・4) 吉田穰(よしだじょう)

歴史・教育をテーマに雑誌・単行本などの執筆を行う傍ら、2013年2月より「アフタヌーン」で『タナトスの使者』の原作を手がける。

原作(シーズン2) 濵田研吾(はまだけんご)

PR誌などに執筆の傍ら、芸能史を研究。著書に『鉄道公安官と呼ばれた男たち』など。
2013年7月より「アフタヌーン」で『タナトスの使者』の原作を手がける。

この作品の関連ニュース »